repcachedの多段構成アイディアメモ

Pocket

そうかそうか。
masterとslaveとそれぞれロードバランサで設定すればいいんじゃないかな。
masterのロードバランサ

master(VIP hoge01:11211)
 ホスト      重み
→repcache01 10
→repcache02 9
→repcache03 8
→repcache04 7
—-
slaveのロードバランサ

slave(VIP hoge02:11211)
 ホスト      重み
→repcache01 1
→repcache02 1
→repcache03 1
→repcache04 1
—-
レプリケーション用のmaster

master(VIP hoge01:11212)
 ホスト      重み
→repcache01 10
→repcache02 9
→repcache03 8
→repcache04 7
—-
hoge01は11211と11212のポートで設定することになって、死活監視の同期が取れているとは限らないけども。
あれだ、なんかインテリジェントなshellを作成して監視するんだな。

Pocket