僕はイケメンだから精子数が少ないのは仕方ない!! – 採精室に行ってきました!!(中編)

Pocket

メルヘンの国からやってきた僕としては、「精」と聞くと、やはり妖精とか、そういうイメージをしてしまいます。

「採精室」と聞くと、1室の中で放し飼いにした妖精を、昆虫を取るような網とかを持って追いかけ回すような部屋なんだろうなと思います。
こども達が、きゃぁきゃぁ言いながら、妖精を追いかけるのです。

こんなイメージ?

fairy

なわけがありません。

実際はコレを採集するお部屋です。

僕はイケメンだから精子数が少ないのは仕方ない!! – フミコフミオさんに倣って精液検査してきましたでもご紹介した精子戦争からです。
ちなみに、ロビン・ベイカー教授の研究によると、精子は20種類以上の分類があって、それぞれに役割が違うといったことを述べられています。これは、精子レベルでも競争、自然淘汰が繰り返されているからなのですが、ま、そのあたりに興味が有る方はぜひ『精子戦争』を一読ください。

sperma

採精室潜入ルポ!!(動画編)

実は採精室の中については動画も撮影していて、magistoという自動動画編集ソフトを利用してムービーを作成しました!!

が、自分のyoutubeアカウントを汚したくないので、動画は未公開としてキャプチャの公開だけにしておきます。
magisto、簡単にクオリティの良い動画が作成できてmagiおすすめです。

ちなみに、magistoは、ムービーの音楽を選択できるのですが、このムービーの曲はきゃりーぱみゅぱみゅにしてありまして、相当ポップな仕上がりなので本当は公開したいところです。
ポップな曲を選んだので、随所に可愛らしい表現があります。

採液室と、ちょっと誤記しています。

m1

タイトルです。
ここらへんから、きゃりーぱみゅぱみゅの音楽が流れ始めます。タイトルはよくわかりません><

m2

これは部屋の入り口にあるティッシュと洗面台です。左のグリーンで見えている物体が洗面台です。
正直、無断撮影なわけですが、ジャーナリスト魂もそうですし、世の妊活中のみなさまに向けて、採精室を報道しなければという正義感に燃えています。

m3

テレビのショットが抜けてしまいましたが、テレビ台の下に3本のDVDが置かれていました!!
ルポしなければという使命感と、はやいところ採精しなければという義務感の板挟みで、相当の焦燥感で撮影しています。

m4

あ、これが、magistoというソフトウェアが勝手に入れてくれる映像効果です。
なんでも良いので、脳内できゃりーぱみゅぱみゅを再生してお楽しみください。

m5

映像効果が掛かって見えにくいですが、DVDのタイトルは「素人痴態実録」のようです。
いったい、どなたのチョイスなんでしょうか。素人ものを持ってくるあたり、なかなか鋭いのではないかと思います。
というのは、妊活している男性というと、年齢層が高めになることが予想されるので、ある意味、こうした行為のベテラン勢だという想定が成り立ちます。そうした意味では、王道的なものには食傷気味ということも考えられますので、王道的な物を1つ置いておきながらも、変化球的に「素人」「企画もの」「人妻」あたりを混ぜて行くと、効率の良い採精が見込めるのかもしれません。

ちなみに、焦って撮影しているので、左上に自分の指が写っています。
ま、なんというか、ビデオボックスに遊びに来ているのと違いますからね。

m6

これもまたmagistoの映像効果です。
年契約で1800円とかだったと思うので、いろいろ使い倒してみようかと思っています。

m7

採精室潜入ルポ!!(精子画編)

さて、静止画で見る、お部屋の様子です。

ホームページではブラウン管でしたが、液晶テレビです。
扇風機が有るということは、空調が無いんでしょうか・・。

r1

DVD3本を並べて撮影しました。
卑猥すぎる画像はちょっと処理しました。

まぁ、素早く採精するためには、卑猥であることが重要なポイントではあるとは思いますが。

ちなみに、左にあるのが採精する容器なのですが、フミコフミオさんが言うように、絶望的な大きさです。
こんなに集められるわけがなかろうに。。

r2

時間もありませんでしたので、オムニバス風のもの(つまりアレなポイントがたくさん出てくるだろう)を選択しました。

既に、この時点で入室してから10分ぐらい経過しているのではないかと思います。
遊んでばかり取材してばかり居ないで、はやいところ決着しなければという気持ちが強くなって来ています。

部屋から出るのがあんまり遅過ぎると、看護師さんが呼びに来たりするかもしれませんし、そんな看護師さんとドア越しに会話しながら採精とかしたら、いろいろな世界に目覚めてしまいそうです。

r3

後編に続く。。



Pocket